五月人形とはどういったもの?意味や由来に関する知識や選び方のポイントなどを紹介

このサイトでは端午の節句で知られる五月人形とはどういったものなのか、その意味や由来について知っておくと役に立つ情報を紹介します。
また人形の種類にはどういったものがあるのか、基本的な飾り方はどのようにすればよいのか、家のどの場所に飾るのがよいのかなど、知っていそうで知らない事柄についても紹介します。
初めて端午の節句を迎える人や、これまで飾り方や意味を深く意識してこなかった人まで、五月人形に関するあれこれを分かりやすく紹介するので参考にできます。

五月人形とはどういったもの?意味や由来に関する知識や選び方のポイントなどを紹介

五月人形とは子供の日とされる端午の節句に飾る鎧や兜、人形をイメージしますが由来や意味など詳しい知識を知らない人もいるはずです。
じつは五月人形とは節句の日に飾る人形の総称で、いろいろな種類があります。
鯉のぼりもそのひとつで外飾りといわれるものです。
男の子の健やかな成長や立身出世を願って家の庭などに飾りますが、それに対して屋内に飾るものを内飾りといいます。
鎧や兜などいろいろありますが人形が基本だとされており、童話や歴史上の英雄を模した人形や鎧や兜を付けた武者人形が代表的です。

五月人形は手作りできる?手順やおすすめの材料について

端午の節句には子どもの健やかな成長を願って五月人形を飾りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
購入するのも良いですが、手作りも可能なので気持ちを込めて自作して飾るのもおすすめです。
ハンドメイドで制作するときの手順としては、まずどのようなものを作るのかを考えて材料を調達することが挙げられます。
もともとハンドメイドを趣味としていて作り方を知っているのなら、自分でデザインから考えて作るのも良いでしょう。
しかし普段あまり手芸や工芸などをしない人が、一からデザインを考えて五月人形を作り始めるのは難しいかも知れません。
その場合には五月人形の手作り用のキットを購入して用意すると作りやすいです。
木目込み人形などの様々なキットが売られていて、これを用いれば必要な材料を揃えるのが簡単だというメリットがあります。
木目込み五月人形の土台となる素材や布地などを、個別に購入して準備する必要がないのが魅力です。

五月人形にはどんな意味が込められている?

端午の節句といえば五月人形を飾ることで知られていますが、なぜこの季節に鎧や兜、武者人形などを飾るのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
五月人形は、男の子の健やかな成長を願う意味があり飾られています。
現代でも季節の変わり目は体調を崩すこともあることは広く知られています。
端午の節句は季節の変わり目の1つで、古い時代には節句は邪気の影響を受けやすいと考えられてきました。
そのようなことから端午の節句には無病息災を願う行事が行われるようになっています。
また五月人形には鎧や兜がありますが、これも身を守る意味が込められているのが特徴です。
戦国時代の武家では端午の節句の頃には、武具を虫干ししたり手入れをしたりする習慣がありました。
そのようなことも端午の節句に兜や鎧を飾ることに繋がっています。
鎧や兜といった武具は、身を守るためのものでもあります。
そのため子どもを守り、健やかな成長が出来るよう願いを込めて飾る五月人形を飾ることになりました。

五月人形を飾る期間はどのくらい?

五月人形は5月5日の端午の節句に男の子の健康や健やかな成長を願って飾る人形です。
もともと中国から始まった季節の行事ですが、日本でも江戸時代に広まり現在でも習慣として残っています。
五月人形を飾る意味は、「子どもの身代わりとなって病気や災いなどの厄を引き受ける」ということで飾られてきました。
では、この五月人形を飾る期間はいつからいつまでがベストなのか分からない方も多いと思います。
飾る期間としては地域などにもよりますが、出す時期は一般的には春分の日(3月20日)やお彼岸(3月中旬頃)が過ぎてから飾るものとされています。
遅くても4月中頃までには出した方がいいです。
仕舞う時期は、5月中がよいとされています。
ひな人形のように「結婚が遅くなるから早く仕舞う」というのが五月人形にはないので、5月の良い天気の日に仕舞えば湿気などもなくカビやシミも防げると思います。
1年に1回しか飾る機会がないので、長く楽しみたい方は3月中旬など早めに出して5月いっぱいまで飾って楽しんでみるのも良いです。

五月人形は誰が用意するのがいいのか

5月は男の子がいる家庭では健康に育つことを願って、五月人形や鯉のぼりなどを出すことがあります。
五月人形や鯉のぼりは元々は、母方の実家で用意するのが昔ながらの風習になっています。
昔は結婚をすると妻が夫の両親と同居するのが当たり前と考えられていた時代があり、母方の両親は離れて暮らすのが普通でした。
離れた場所にいる母方の両親が孫や娘を思って鯉のぼりや五月人形などを購入して、夫側の家に持っていくようなことも珍しくなかったです。
それはかなり昔の話であり、最近では夫婦どちらの祖父母とも同居するケースは少なくなっていますし、母方の祖父母が絶対に購入しないといけないようなルールもありません。
元々は子供の成長を祈願するようなことがメインになってきますから、祖父母に買ってもらわなくても両親が子供に買い与えるようなことも珍しくないです。
自分達で五月人形を用意したほうが思い入れもありますし、大切に扱っていけるような可能性も高いと考えられます。
そのため現在では誰が購入しても問題ありませんが、基本的には誰が担当するのか決めておかないと重複して購入してしまうような問題もあるかもしれないです。

五月人形に関する情報サイト
五月人形の基本

このサイトでは端午の節句で知られる五月人形とはどういったものなのか、その意味や由来について知っておくと役に立つ情報を紹介します。また人形の種類にはどういったものがあるのか、基本的な飾り方はどのようにすればよいのか、家のどの場所に飾るのがよいのかなど、知っていそうで知らない事柄についても紹介します。初めて端午の節句を迎える人や、これまで飾り方や意味を深く意識してこなかった人まで、五月人形に関するあれこれを分かりやすく紹介するので参考にできます。

Search